# Elevation

Elevation(標高)ヘルパーを使用すると、 z-axis に沿った2つのサーフェス間の相対的な深度、または距離を制御できます。 合計25の標高レベルがあります。 クラス elevation-{n}で要素のElevationを設定します。nは、目的の標高に対応する 0 ~ 24 の整数です。

# 使い方

elevation ヘルパークラスでは、任意の要素にカスタムの z-depth を割り当てることができます。

# サンプル

# Props

# 動的エレベーション

多くのコンポーネントはelevatable ミックスインを利用し、 elevation プロパティを与えられます。 サポートされていないコンポーネントの場合、クラスを動的に変更できます。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:05/20/2022, 4:10:15 PM