Vuetify

ショップ

企業向け

エレベーション・ヘルパーを使用すると、z-axis に沿って 2 つのサーフェス間の相対的な深さ(または距離)を制御できます。エレベーション・レベルは合計 25 です。要素のエレベーションを設定するには、クラス elevation-{n} を使用します。

elevationヘルパークラスを使用すると、カスタム z-depth を任意の要素に割り当てることができます。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

多くのコンポーネントは elevatable ミックスインを利用し、elevation propが与えられます。サポートされていないコンポーネントの場合、クラスを動的に変更できます

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!