ショップ

企業向け

テキストの配置、折り返し、オーバーフロー、変換などを制御します。

配置ヘルパー クラスを使用すると、テキストを簡単に再配置できます。

レスポンシブ・ディスプレイをサポートする配置クラスもあります。

.text-no-wrapユーティリティクラスでテキストの折り返しを防ぐことができます。

長いコンテンツは、テキストの省略記号で切り捨てることができます。 必須 display: inline-block または display: block

テキストは、capitalizationクラスで大文字や小文字などに変換できます。

テキストの改行やtext-transformの削除も可能です。最初の例では、text-transform: uppercaseカスタム クラスが上書きされ、テキストの大文字と小文字の区別を残せるようにします。2 番目の例では、使用可能なスペースに合わせて長い単語を分割します。

マテリアルデザインのデフォルトで 100、300、400、500、700、900 フォントの太さと、斜体のテキストをサポートします。

Opacity helper classes allow you to easily adjust the emphasis of text. text--primary has the same opacity as default text. text--secondary is used for hints and helper text. De-emphasise text with text--disabled.

RTL を使用する場合は、rtl の指定に関係なく配置を維持することができます。次の形式のテキスト配置ヘルパークラスを使用します: text-<breakpoint>-<direction>。 ブレークポイントは 'sm', 'md', 'lg', 'xl' で、方向はleftまたはrightにすることができます。また向きについては 'start' と 'end' を使用して rtl に対応するように配置することもできます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit this page on GitHub!