ショップ

企業向け

Vuetify は、素晴らしいコミュニティが issue を送り、プルリクエストを作り、貴重なフィードバックを送信してくれるおかげで成り立っています。あなたが素晴らしいアプリケーションを作れるようにするのが私たちの仕事です。長時間 Vuetify を使っていると、もっと改善できるかもしれないことを見つけることでしょう。バグを見つけたり、新しい機能に関するアイデアを思いつくこともあると思います。素晴らしいです! Vuetify リポジトリをクローンして、開発環境で作業を始めるのはとても簡単です。

このリポジトリの Issue リストは、バグレポートとフィーチャーリクエストのためにだけ使われています。そのため、バグの再現が確認できていない Issue はすぐにクローズされます。

一般的な質問をしたい場合、コミュニティの方に参加して行ってください。

issue を送る前に、あなたの問題について検索してみてください。過去にすでに回答されている場合があります。

最新版でエラーが再現可能であることを確認してください。

もし再現可能であれば、サンプルの codepen または期待する動作を再現できるクローン可能なリポジトリを提供してください。

新しい issue を作る場合には、必ず issue creator を使用してください。

Vuetifyには、新しい機能、関数、およびコンポーネントをテストするために起動できるローカル開発環境が含まれています。 ただし、始める前に、vuetifyの多くの機能を管理するのを助けるためにインストールする必要があるものがいくつかあります。

Vuetifyチームは、すべてのリポジトリのコミットに Commitizen を使用します。 これにより、通常のコミット機能への最小限の変更で、読みやすく整理されたコミットが可能になります。 npmを使用してCommitizenをグローバルにインストールするには:

おめでとうございます! Commitizenがインストールされました!コミットするときは、通常のようにファイルを追加し、 git commit -m "your message"git cz に置き換えて、プロンプトに従ってください。

コミットのガイドラインについては、以下の "Commit Guidelines w/Commitizen"を参照してください。

必要に応じて、PM2を使用してVuetify mono-repoの複数の部分を同時に実行および管理できます(プレイグラウンド、ドキュメントなど)。ルートディレクトリに含まれるのは、起動するPM2構成ファイルです。 Vuetifyが提供するすべてを管理します。開始するには、PM2を開始する必要があります:

開発環境のセットアップは簡単です! Vuetify を自身のリポジトリにforkしましょう。

これで開発環境を起動する準備ができました!

Vuetify mono-repoで開発環境を起動するには、いくつかの方法があります:

構成済みの PM2 インスタンスをインポートするには、次の手順を実行します。

インスタンスを開始/停止/再起動するためにPM2で使用するいくつかのコマンドを次に示します。

commitizen は、セマンティック バージョニングを処理するための流動的なインターフェイスを提供します。パッチノートを書きやすくする素晴らしい定型文が提供されます。

すべてのコミットは、上記のように conventional-changelogcommitizen を使用する必要があります。コミットは<type>: <subject>または<type>(scope): <subject>の形式に従う必要があります。

  • feat: 新しい機能または機能性をもたらすコミット。下位互換性のある機能は次の MINORでリリースされますが、重大な変更は次の MAJOR で行われます。重大な変更を伴うコミットの本文は、BREAKING CHANGEで始まり、その後にAPIがどのように変更されたかの説明が続く必要があります。
  • fix: vuetifyのコードベース内のバグの修正を提供するコミット。
  • docs: ドキュメントの更新を提供するコミット。
  • style: コードの実行方法に影響を与えないコミット。これらは単にフォーマットの変更です。
  • refactor: バグの修正も機能の追加も行わないコミット。
  • perf: パフォーマンスを向上させるコミット。
  • test: 不足しているテストまたは既存のテストを修正するコミット。
  • chore: srcまたはtestファイルを変更しないその他のコミット。
  • revert: 以前のコミットを元に戻すコミット。

コミットを行う前に、devから鮮度ピチピチのものを取得する必要があります。ここから、ブランチと開発版の競合をマージして解決します。開発が絶えず行われているため、頻繁にプルするのが良い経験則です。

gitで、すべての関連ファイルを追加します。

git czコマンドでcommitizenを使用してコミットします。ここから一連のpropsをたどっていきます。必ず適切なタイプを選択してください(上記の Commitizenを使用したコミットのガイドライン を参照)

最後に git push でプルリクエストを開きます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!