Vuetify

ショップ

企業向け

Vuetifyは、Issueを登録したり、プルリクエストを作成したり、貴重なフィードバックを提供してくれる素晴らしいコミュニティによって成り立っています。私たちの仕事は、あなたが素晴らしいアプリケーションを作成できるようにすることです。長い間、Vuetifyを使っていると、もっと改善できるかもしれないことを見つけることでしょう。バグを見つけたり、新しい機能に関するアイデアを思いつくこともあると思います。それは素晴らしいことです。Vuetify リポジトリをクローンして、開発環境で作業を始めるのはとても簡単です。

The issue list of this repo is exclusively for bug reports and feature requests. Non-conforming issues will be closed immediately. Before reporting an issue, ensure that:

  • Search for a similar issues, it may have been answered.
  • Try to reproduce with the latest or lts (long-term-support) version in a codepen or repository that can be be cloned to produced the expected behavior.
  • The reproduction is MINIMAL and concise

These steps ensure that we have all of the information necessary to quickly triage and resolve your issue. Once your reproduction is complete, submit a new issue using the Vuetify Issue Creator.

開発環境のセットアップは簡単です! Vuetify を自身のリポジトリにforkしましょう。

If you are new to the process of contributing to Open Source, it's recommended that you clone using https. More information on Which remote URL to use can be found on the GitHub documenation page.

Once cloned, navigate to the folder by typing cd vuetify and then running the following commands:

これで開発環境を起動する準備ができました!

There are a few ways to startup the dev environments in Vuetify mono-repo. If you are using our PM2 guide, you can skip this section.

The Vuetify team uses Commitizen for all repository commits. This allows for easy to read and organized commits with minimal change to normal commit functions. To get started, globally install the commitizen package using yarn by running the following commands in your terminal:

Congrats! Commitizen is installed! When you do commits, add your files like normal and replace git commit -m "your message" with git cz and follow the prompts.

More information on Commit Guidelines w/Commitizen can be found below.

When working with Vuetify it is common to have the Playground, Documentation, and Build running at the same time. PM2 improves this process by running the dev processes for each package automatically. To get started, globally install the pm2 package by running the folowing commands:

Once installed, start the Vuetify ecosystem file with the following commands:

You can check the status and many other options for your PM2 instances by using any of the following commands:

commitizen は、セマンティック バージョニングを処理するための流動的なインターフェイスを提供します。パッチノートを書きやすくする素晴らしい定型文が提供されます。

すべてのコミットは、上記のように conventional-changelogcommitizen を使用する必要があります。コミットは<type>: <subject>または<type>(scope): <subject>の形式に従う必要があります。

  • feat: 新しい機能または機能性をもたらすコミット。下位互換性のある機能は次の MINORでリリースされますが、重大な変更は次の MAJOR で行われます。重大な変更を伴うコミットの本文は、BREAKING CHANGEで始まり、その後にAPIがどのように変更されたかの説明が続く必要があります。
  • fix: vuetifyのコードベース内のバグの修正を提供するコミット。
  • docs: ドキュメントの更新を提供するコミット。
  • style: コードの実行方法に影響を与えないコミット。これらは単にフォーマットの変更です。
  • refactor: バグの修正も機能の追加も行わないコミット。
  • perf: パフォーマンスを向上させるコミット。
  • test: 不足しているテストまたは既存のテストを修正するコミット。
  • chore: Other commits that don't modify src or test files.
  • revert: 以前のコミットを元に戻すコミット。

コミットを行う前に、devから鮮度ピチピチのものを取得する必要があります。ここから、ブランチと開発版の競合をマージして解決します。開発が絶えず行われているため、頻繁にプルするのが良い経験則です。

In git, add all relevant files.

Commit with commitizen using the command git cz. From here you will follow through a series of props. Make sure to select the appropriate type (see Commit Guidelines w/Commitizen above)

最後に git push でプルリクエストを開きます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!