Vuetify

ショップ

企業向け

Vuetify は、ウェブ開発を次のレベルへ進めるプログレッシブフレームワークです。この目的を達成するために、古いバージョンの Internet Explorer には一部制限があります。次の表は包括的なリストではありませんが、メインターゲットとしているブラウザの一覧です。

Chromium (Chrome, Edge Insider)
対応済
Firefox
対応済
Edge
対応済
Safari 10+
対応済
IE11 / Safari 9
Polyfillによって対応済
IE9 / IE10
非対応

VuetifyはES2015/2017の機能を使用しており、Internet Explorer 11Safari 9/10で動作させるためにPolyfillを使う必要があります。Vue CLI を使っている場合、この対応は自動的に行われます。使っていない場合はプロジェクトのディレクトリでbabel-polyfillをインストールします:

その際、メインとなるindex.jsファイルで可能な限り早いタイミングでプラグインをインクルードするのが重要です。Vuetify SSRパッケージの場合は, client-entry.jsファイルになります。

babel-preset-envと対応するPolyfillを使って、アプリケーションに必要なPolyfillのみが追加されていることを確認するのをおすすめします。詳しい情報はドキュメントを参照してください。

インストールが終わったら、.babelrc または babel.config.jsにプリセットを追加します。

Internet Explorerは<template>タグへの対応が限定的なので、完全なコンパイル済みのDOMをブラウザに送る必要があります。これは、Vueコードをあらかじめビルドしておくか、DOM要素を置き換えるためのヘルパーコンポーネントを作ることで対応できます。例えば、IEに直接下記のようなコードを送るとエラーになります:

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!