Vuetify

ショップ

企業向け

v-scrollディレクティブによって、ウィンドウや特定の要素がスクロールされた際のコールバック関数を設定することができます。

デフォルトではウィンドウにバインドされます。追加の設定が必要ない場合は、単純にコールバック関数を渡すことができます。

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

指定した要素にイベントリスナーをバインドすることもできます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!