Scrolling directive

v-scrollディレクティブによって、ウィンドウや特定の要素がスクロールされた際のコールバック関数を設定することができます。

Usage

The default behavior is to bind to the window. If no additional configuration options are needed, you can simply pass your callback function.

API

v-scroll
Name
arg:target
Default
window
Type
String

Directives.Scrolling.

Name
value
Signature
() => {}
Type
Function

Directives.Scrolling.

Examples

Scroll with options

指定した要素にイベントリスナーをバインドすることもできます。

Edit this page | language on Github