Vuetify

ショップ

企業向け

v-rippleディレクティブはユーザーからのアクションを表示するために使用されます。任意のブロックレベル要素に適用できます。 v-btnv-tabs-itemなど、多くのコンポーネントにリップルディレクティブが組み込まれています。

基本的なリップル(波紋効果)は、コンポーネントまたはHTML要素で v-rippleディレクティブを使用するだけで有効にできます

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

Helperクラスを利用すれば波紋の色を変更できます。

centerオプションを使用すると、リップルは常にターゲットの中心から発生します。

一部のコンポーネントは、リップル効果を制御できる ripple prop を提供します。 classまたはcenterオプションを使用して、オフにしたり、動作をカスタマイズしたりできます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!