# Intersection observer

v-intersect ディレクティブは Intersection Observer API を利用します。 要素がユーザーのビューポート内に表示されていることを検出するための使いやすいインターフェイスを提供します。 これは v-lazy コンポーネントにも使用されます。

# 使い方

ウィンドウをスクロールして、色のついた点を見てください。 v-card がエラーから成功へと変化することに注目してください。

# API

# 注意事項

# サンプル

# Props

# オプション

v-intersect ディレクティブは オプションを受け付けます。 利用可能なオプションは Intersection Observer API にあります。 以下は、 threshold オプションを使用した例です。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:07/05/2022, 9:08:15 PM