ショップ

企業向け

Vuetify は、コンポーネントの国際化 (i18n) をサポートしています。アプリケーションをブートストラップする際に、利用可能なロケールと現在アクティブなロケールをcurrentオプションで指定できます。langサービスは vue-i18n との簡単な統合もサポートしています。

使用可能なロケールまたは現行ロケールを設定するには、Vuetify をインストールするときに lang オプションを指定します。提供された locales プロパティは既存のロケールとマージされます。実行時に、Vue インスタンスの$vuetify オブジェクトを使用してロケールを変更できます。

現在Vuetifyは、以下の言語の翻訳を提供しています:

  • af - Afrikaans (Afrikaans)
  • ar - Arabic (اللغة العربية)
  • ca - Catalan (català)
  • cs - Czech (čeština)
  • de - German (Deutsch)
  • el - Greek (Ελληνικά)
  • en - English
  • es - Spanish (Español)
  • et - Estonian (eesti)
  • fa - Persian (فارسی)
  • fr - French (Français)
  • he - Hebrew (עברית)
  • hr - Croatian (hrvatski jezik)
  • hu - Hungarian (magyar)
  • id - Indonesian (Indonesian)
  • it - Italian (Italiano)
  • ja - Japanese (日本語)
  • ko - Korean (한국어)
  • lt - Lithuanian (lietuvių kalba)
  • lv - Latvian (latviešu valoda)
  • nl - Dutch (Nederlands)
  • no - Norwegian (Norsk)
  • pl - Polish (język polski)
  • pt - Portuguese (Português)
  • ro - Romanian (Română)
  • ru - Russian (Русский)
  • sl - Slovene (slovenski jezik)
  • srCyrl - Serbian (српски језик)
  • sv - Swedish (svenska)
  • th - Thai (ไทย)
  • tr - Turkish (Türkçe)
  • uk - Ukrainian (Українська)
  • zhHans - Chinese (中文)
  • zhHant - Chinese (中文)

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

独自の翻訳を作成するには、以下のコードを使用するか、ファイル vuetify/src/locale/en.ts をコピーして名前を変更し、変更を加えます。

国際化エンジンにフックする必要があるカスタム Vuetify コンポーネントを構築する場合は、$vuetify.lang API の一部である t 関数を使用できます。

If you are using the vue-i18n package, you can very easily integrate it with Vuetify. This allows you to keep all of your translations in one place. Simply create an entry for $vuetify within your messages and add the corresponding language changes. Then hook up vue-i18n to Vuetify by supplying a custom translation function (as seen in the example below). For a complete list of all available keys, navigate here.

An important note when using external localization plugins is that vuetify will not automatically fall back to using english if no localization exists for the current locale. So be sure to supply the plugin with the english localizations as well as your own.

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit this page on GitHub!