# Textareas

テキストエリアコンポーネントは、大量のテキストデータをまとめるために使用されます。

# 使い方

最も単純な形式のv-textareaは、複数行のテキストフィールドで、大量のテキストを扱うとき役立ちます。

# API

# サンプル

# Props

# Auto grow

auto-grow propを使用すると、テキストの分量に応じて、textarea のサイズは自動的に拡張されます。

# Background color

background-colorcolor プロパティを使用すると、 v-textareaをより細かくスタイリングできます。

# ブラウザのautocomplete

autocomplete プロパティで、ブラウザーがユーザー入力を予測できるように設定できます。

# Clearable

clearable propを使うと、v-textareaからテキストをクリアできるようになります。アイコンはclearable-icon propでカスタマイズできます。

# Counter

counter プロパティは、 v-textarea の文字制限をユーザに通知します。

# Icons

append-iconprepend-icon プロパティは、 v-textarea にコンテキストを追加するのに役立ちます。

# No resize

v-textareaには、 no-resize プロパティを使用して、コンテンツのサイズに関係なく、同じサイズを維持するオプションがあります。

# Rows

rows prop で、テキストエリアの行数を定義できます。行の高さを定義する row-height prop と組み合わせると、さらにカスタマイズすることができます。

# その他

# サインアップフォーム

代替の入力スタイルを使用することで、簡単に構築でき、使いやすい素晴らしいインターフェースを作成できます。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:07/05/2022, 9:08:15 PM