ショップ

企業向け

v-stepperコンポーネントは、番号付きでステップの進行状況を表示します。

ステッパーは、ショッピングカート、新規レコードの作成など、さまざまなシナリオに使用できます

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

編集可能なステップは、ユーザーがいつでも選択でき、それらのステップにナビゲートします。

編集不可能なステップでは、ユーザーはプロセスを一本道で処理する必要があります。

An optional step can be called out with sub-text.

水平ステッパーは、定義されたステップをX軸に沿って移動します。

垂直ステッパーは、Y軸に沿って移動し、水平の場合とまったく同じように動作します。

リニアステッパーは、常に一方通行で移動します。

ノンリニアステッパーにより、順不同でプロセスを移動できます。

Steppers also have an alternative label style which places the title under the step itself.

エラー状態を表示して、実行する必要のあるアクションをユーザーに通知できます。

The error state can also be applied to the alternative label style.

The same state also applies to Vertical steppers.

Steppers can have their steps dynamically added or removed. If a currently active step is removed, be sure to account for this by changing the applied model.

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!