# Sheets

v-sheet コンポーネントは、 v-card, v-toolbarなどの多数のコンポーネントのベースラインです。 利用可能なプロパティは、マテリアルデザインの基盤、つまり紙と標高(影)の概念を形成します。

# 使い方

v-sheet コンポーネントは、Vuetifyにおける機能の基本的な基盤を提供する変形可能な_paper_です。 たとえば、rounded, shapedなどのプロパティは、border-radiusプロパティを変更し、elevationbox-shadowを増減します。

# API

# サンプル

# Props

# Elevation

V-sheetコンポーネントは標高(影)を0~24の範囲で指定できます(既定は0です)。 elevation属性はcssのbox-shadow属性を変更します。 詳細は、MD Elevation Design Specificationにあります。

# Rounded

rounded prop はデフォルトの border-radius4px 追加します。 デフォルトでは、 v-sheet コンポーネントは border-radius を持っていません。 カスタムの丸,め値 rounded valueを指定して、半径のサイズと位置をカスタマイズします。例: tr-xl l-pill の丸,め値は rounded-tr-xl rounded-l-pill になります。 追加情報は、 Border Radius ページにあります。

# Color

シートおよびそれに基づくコンポーネントは、異なるサイズおよび色を設定できます。

v-sheetコンポーネントは、warningamber darken-3deep-purple accentなどのカスタムマテリアルデザインカラー値、およびrgb、rgba、および16進数の値を受け付けることができます。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:09/18/2021, 7:08:41 AM