# Selects

選択フィールド コンポーネントは、オプションのリストからユーザーが提供した情報を収集するために使用されます。

# 使い方

# API

# 注意事項

# サンプル

# Props

# カスタムtextとvalue

items配列内で、テキストフィールドと値フィールドに対応する特定のプロパティを指定することができます。 デフォルトでは、textvalue です。 この例では、 return-object プロパティも使用しており、選択した項目のオブジェクト全体を返します。

# Dense

dense propを使用して、フィールドの高さを減らし、リスト項目の最大高さを下げることができます。

# Disabled

disabled prop を v-select に適用すると、ユーザーがコンポーネントとやりとりすることが出来なくなります。

# Icons

前後に任意のアイコンを配置します。

# Light

標準的なSingle selectには、多数の構成オプションがあります。

# Multiple

複数選択では、選択した項目の表示にv-chipを使用できます。

# Readonly

v-selectread-only プロパティを使用すると、ユーザが値を変更できなくなります。

# Slots

# Append/Prependアイテム

v-select コンポーネントは、オプションで先頭と末尾に項目を追加できます。 これはカスタマイズされた select-all 機能に最適です。

# Selection

selection スロットは、選択された値を入力で表示する方法をカスタマイズするために使われます。 foo (+20 other) のようにしたいときや、選択範囲を複数行に分けたくないときに便利です。

準備はできましたか?

チーム によって選択された関連コンテンツで学習を続けるか、下のナビゲーションリンクを使用してページ間を移動します。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:05/07/2021, 12:56:43 AM