# Range Sliders

v-slider コンポーネントは数値入力の可視化を向上させます。 数値データを収集するために使用します。

# 使い方

バーに沿って値の範囲を反映し、そこから単一の値を選択できます。 音量、明るさ、画像フィルタの適用などの設定を調整するのに最適です。

# API

# サンプル

# Props

# Disabled

disabled(無効化)設定されたスライダーの操作はできません。

# Min and max

minmax の値を設定できます。

# Step

v-range-slider は1以外のステップを持つことができます。 これは、値を調整する必要がある一部のアプリケーションで役立ちます。

# 垂直スライダー

vertical propを使用して、スライダーを垂直方向に切り替えることができます。 スライダーの高さを変更する必要がある場合は、css を使用します。

# Slots

# Thumb label

tick-labels propとthumb-labelslotを使用すると、非常にカスタマイズされたソリューションを作成できます。

準備はできましたか?

チーム によって選択された関連コンテンツで学習を続けるか、下のナビゲーションリンクを使用してページ間を移動します。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:01/20/2021, 1:10:30 AM