# Pagination

v-pagination コンポーネントは、長いデータ セットを分離して、ユーザーが情報を簡単に利用できるようにします。 指定された長さに応じて、paginationコンポーネントは自動的に拡大縮小されます。 現在のページを維持するには、 単にv-model 属性を指定します。

# 使い方

デフォルトの、Paginationは設定された length prop に基づいてページ数を表示し、prev ボタンとnext ボタンを使用したナビゲーションを表示します。

# API

# サンプル

# Props

# Circle

circle プロパティはpaginationボタンの代替スタイル(円形)を提供します。

# Disabled

Pagination項目は、 disabled プロパティを使用して手動で無効にできます。

# アイコン

前ページと次ページのアイコンは prev-iconnext-icon プロパティでカスタマイズできます。

# Length

length propを使用して、v-pagination の長さを設定できます。ページボタンの数が親コンテナーを超えると、リストは切り捨てられます。

# Total visible

total-visible propを使って、表示されるページボタンの最大数を手動で設定することもできます。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:09/17/2021, 9:17:47 AM