# Pagination

v-pagination コンポーネントは、長いデータ セットを分離して、ユーザーが情報を簡単に利用できるようにします。 指定された長さに応じて、paginationコンポーネントは自動的に拡大縮小されます。 現在のページを維持するには、 単にv-model 属性を指定します。

# 使い方

デフォルトの、Paginationは設定された length prop に基づいてページ数を表示し、prev ボタンとnext ボタンを使用したナビゲーションを表示します。

# API

# サンプル

# Props

# Circle

circle propはページネーションボタンの代替スタイルを提供します。

# Disabled

ページネーション項目は、 disabled プロパティを使用して手動で無効にできます。

# Icons

Previous and next page icons can be customized with the prev-icon and next-icon props.

# Length

Using the length prop you can set the length of v-pagination, if the number of page buttons exceeds the parent container, it will truncate the list.

# Total visible

You can also manually set the maximum number of visible page buttons with the total-visible prop.

準備はできましたか?

チーム によって選択された関連コンテンツで学習を続けるか、下のナビゲーションリンクを使用してページ間を移動します。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:01/20/2021, 1:10:30 AM