Vuetify

ショップ

企業向け

v-overlayコンポーネントは、特定の要素またはその一部を強調するために使用されます。アプリケーション内の状態変更をユーザーに通知し、ローダー、ダイアログなどの作成に使用できます。

最も単純な形式では、 'v-overlay'コンポーネントはアプリケーションの上に淡色表示のレイヤーを追加します。

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

absolute オーバーレイは絶対位置指定で配置され、親要素の内部に含まれます。

opacityを設定することで、v-overlayコンポーネントの透明度をカスタマイズできます。

z-indexを使用すると、v-overlayコンポーネントのスタック順序を簡単に変更できます。

'v-overlay' を背景にし、進行状況表示コンポーネントを追加して、カスタム ローダーを簡単に作成できます。

v-hover を使用して、情報カードに素敵なスクリムを追加し、ユーザーが実行できるアクションを追加できます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!