# Lazy

v-lazy コンポーネントは、要素の可視性に基づいてコンポーネントを動的にロードするために使用されます。

# 使い方

デフォルトでは、 v-lazy コンポーネントはその内容がIntersect(交差)するまでレンダリングされません。 下にスクロールして、要素がレンダリングされるのを見てください。

# API

# 注意事項

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:09/18/2021, 7:08:41 AM