ショップ

企業向け

v-lazy コンポーネントは、要素の可視性に基づいてコンポーネントを動的にロードするために使用されます。

デフォルトでは、 v-lazyコンポーネントは交差するまでコンテンツをレンダリングしません。下にスクロールして、要素を通過するときに要素がレンダリングされるのを確認します。

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!