ショップ

企業向け

v-hoverコンポーネントは、コンポーネントのホバー状態を処理するためのクリーンなインターフェースを提供します。

v-hover コンポーネントは1つの子要素のみを含むラッパーであり、ホバーする(要素にカーソルが乗る)ことでイベントのトリガーになります。 v-hoverが適切に機能するためには、value プロパティを trueに設定するか、ラップされた要素に slot-scope="{ wrapper }" を含める必要があります

Options

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

disabledプロパティはホバー機能を無効にします。

open-delayclose-delaypropsを組み合わせたり別々に使用することで v-hoverのイベントを遅らせます。

v-hoverv-forと組み合わせて使用​​すると、ユーザーがリストを操作するときにアイテム1つだけを目立たせることができます。

ユーザーの操作に応答する高度にカスタマイズされたコンポーネントを作成します。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!