# Forms

フォームバリデーションに関して、Vuetifyには多くの統合機能と組み込み機能があります。 サードパーティの検証プラグインを使用したいですか? すぐに Vee-validatevuelidateを使用することができます。

# 使い方

v-form コンポーネントにより、入力フォームにバリデーションを簡単に追加できます。 すべての入力コンポーネントには、function, boolean, stringの型の混合配列を受け付けるrules propがあります。 これにより、入力が 有効 または 無効 となる条件を指定できます。 入力の値が変更されるたびに、配列内の各関数は新しい値を受け取り、各配列要素が評価されます。 関数または配列要素が false または string を返した場合は、バリデーションに失敗したことになり、stringの値がエラーメッセージとして表示されます。

# API

# サンプル

# Props

# Rules

Rulesを使用すると、すべてのフォームコンポーネントにカスタム・バリデーションを適用できます。 これらは順次バリデートされ、maximumなエラーが一度に1つ表示されるので、それに応じてルールを順番に並べるようにしてください。

# その他

# submit & clearでのバリデーション

v-formコンポーネントには、コンポーネントに_ref_設定することでアクセスできる3つ の関数があります。 refはコンポーネントの内部メソッド、例えば<v-form ref="form">にアクセスすることができます。 this.$refs.form.validate() はすべての入力を検証し、それらがすべて有効であるかどうかを確認します。 this.$refs.form.reset() はすべての入力を消去し、バリデーション・エラーをリセットします。 this.$refs.form.resetValidation() は入力バリデーションをリセットするだけで、状態を変更しません。

# Vee-validate

vee-validate は Vue.js 用のテンプレートベース・バリデーション・フレームワークです。 ドキュメント

# Vuelidate

vuelidate は、Vue.jsのシンプルで軽量なモデルベースのバリデーションです。 ドキュメント

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:12/01/2021, 3:17:12 PM