ショップ

企業向け

v-dialogコンポーネントは、特定のタスクについてユーザに通知し、重要な情報を含んだり意思決定を必要とするような複数のタスクを伴う可能性があります。割り込み的な要素ですので、ダイアログは控えめに使用してください。

ダイアログには、activatorとcontent(デフォルト)の2つのslotが含まれています。プライバシーポリシーに適しています。

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

何らかの理由で activator slotを使用しない場合は、ダイアログをトリガするイベントに .stop修飾子を必ず追加してください。

シンプルなダイアログに似ていますが、モーダルの外側に触れてもモーダルは閉じません。

スクロール可能なコンテンツを持つダイアログの例です。

利用可能なウィンドウスペースに収まらないモーダルは、コンテナでスクロールされます。

ダイアログ内のフォームのシンプルな例です。

v-dialog コンポーネントを使用すると、アプリケーション用にカスタマイズされたローディングエクスペリエンスを簡単に作成できます。

スペースが限られているため、モバイルデバイスにとって、フルスクリーンのダイアログは大画面のデバイスで使用されるダイアログよりも適している可能性があります。

ダイアログはネストできます: ダイアログから別のダイアログを開くことができます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!