Vuetify

ショップ

企業向け

v-comboboxコンポーネントは選択肢itemsに存在しない値を入力できる v-autocomplete です。作成されたアイテムは文字列として返されます。

コンボボックスを使用すると、提供されたアイテムリストに存在しない値をユーザーが作成できるようにすることができます。

Options

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

以前はtagsと呼ばれていました - ユーザーは複数の値を入力できます

dense propを使用して、コンボボックスの高さを減らし、リスト項目の最大高さを下げることができます。

この例では、アイテムの検索や作成時にユーザーにコンテキストを提供するために、カスタムのno-dataスロットを利用しています。

v-comboboxは、v-selectv-autocompleteから追加された機能で改善されました。これにより、真にカスタマイズされた実装を作成するための拡張インターフェースが提供されます。この例では、カスタム filter アルゴリズム、インラインリスト編集、動的入力項目など、より高度な機能を利用しています。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!