# Combobox

v-comboboxコンポーネントは選択肢 items内に存在しない値を入力できるv-autocompleteです。 作成されたアイテムは文字列として返されます。

# 使い方

コンボボックスを使用すると、提供されたアイテムリストに存在しない値をユーザーが作成できるようにすることができます。

# API

# 注意事項

# サンプル

# Props

# Dense

dense propを使用して、コンボボックスの高さを減らし、リスト項目の最大高さを下げることができます。

# Multiple コンボボックス

複数の値を入力できます - 以前はtagsと呼ばれていました

# Slots

# No data with chips

この例では、アイテムの検索や作成時にユーザーにコンテキストを提供するために、カスタム no-dataスロットを利用しています。

# その他

# 高度なカスタムオプション

v-combobox は、v-selectv-autocomplete で追加された機能を改良したものです。 これらにより、カスタマイズされた実装を作成するためのインターフェースが提供されます。 この例では、カスタム filter アルゴリズム、インラインリスト編集、動的入力アイテムなど、いくつかのより高度な機能を利用します。

準備はできましたか?

Vuetifyのチームが選ぶ関連コンテンツで他の学習トピックに進むか、下のナビゲーション リンクでページ間を移動できます。
GitHub でこのページを編集する
最終更新日:05/20/2022, 4:10:15 PM