ショップ

企業向け

v-badgeコンポーネントは、アバターのようなアイコンまたはテキストに上付きまたは下付きでコンテンツを表示し、情報を強調したり、特定の要素に注意を向けたりします。バッジ内のコンテンツには通常、数字またはアイコンが含まれています。

最も単純な形式のバッジは、ラップするコンテンツの右上に表示され、badge slotが必要です。

Options

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

バッジは、さまざまな方法でユーザーに情報を伝える上で役立ちます。

たとえば、ホバー時にバッジを表示するなど、可視性コントロールを使用して様々な操作を行えます。

動的コンテンツにバッジを組み込んで、通知システムなどを作成できます。

v-badgeコンポーネントは柔軟性があり、多くの要素でさまざまなユースケースで使用できます。場所を微調整するオプションは、offset-x および offset-y propsからも利用できます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!