ショップ

企業向け

v-avatarコンポーネントは円形のユーザープロフィール写真等を表示するために使用されます。レスポンシブ画像、アイコン、およびテキストの境界半径を動的にサイズ設定して追加できます。 Tileバリエーションでは、矩形でアバターを表示できます。

最も単純なアバターは、円形のコンテナ内にコンテンツを表示します。

Options

確認したいコンポーネントを下から選び、利用できる props、slots、events、functions を確認してください。

以下に、簡単な例から複雑な例まで示します。

sizeプロパティを使用すると、v-avatarの高さと幅を定義できます。このpropはアスペクト比1で均等にスケーリングします。heightwidthのpropは、sizeをオーバーライドします。

tilepropは、シンプルな正方形のアバターになります。

v-avatarデフォルトスロットは、v-iconコンポーネント、画像、またはテキストを受け入れます。これらを組み合わせて、ユニークなものを作成してください。

Using the tile prop, we can create a sleek hard-lined profile card.

Avatar と他のコンポーネントを組み合わせることで、革新的で美しいユーザーインターフェイスをすぐに構築することができます。

準備はいいですか? 以下から続きが読めます。

Caught a mistake or want to contribute to the documentation? Edit Layout on GitHub!